読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「TSMC と Samsung の iPhone 6S モデルは類似したバッテリー寿命を示す」とアップル

touchlab.jp

本当のところは知らないが、アップルのコメントが上の記事とは正反対の主張をしているので、訳してみる。

以下は、公式コメントとやら。

iPhone 6s または iPhone 6s Plus に採用されている、Appleが設計したA9チップは、世界で最先端のスマートフォン用チップです。私たちが出荷する全てのチップは、Appleの最高の基準を満たしており、iPhone 6s の容量や色やモデルにかかわらず、驚くべきパフォーマンスと素晴らしいバッテリー寿命を実現しています。


バッテリーを使い果たすまで長時間の高負荷をプロセッサにかけるような幾つかのラボテストは、実際の使用を表すものではありません。なぜならば、非現実的なまでの長時間、CPUの状態を最高パフォーマンスに保っているからです。これは、実用上のバッテリー寿命を測定する上では、誤解を招く恐れのあるテスト方法です。私たちのテストデータと、お客さまのデータは、iPhone 6s と iPhone 6s Plus の、実際のバッテリー寿命を示しています。それによれば、部品の違いを考慮しても、バッテリー寿命は2〜3%のバラつきの範囲に収まります。

Apple: Data shows TSMC and Samsung iPhone 6S models have similar battery life | Ars Technica


Ars Technicaの記事のサブタイトルも、

「Battery life varies "within just 2-3%," regardless of component sources.」

なので、

部品の製造元に関わらず、バッテリー寿命は2〜3%の範囲に収まる」

である。


繰り返すが、この主張が本当かどうかは知らない。

ただ、相手が何を言っているかは理解したほうがいいんじゃないですかね。