政治家の失言について


「生む機械」とかが問題なのかどうかは置いておいて、一般的に。


以前からぼーっと思ってたんだが、失言した政治家は辞任するべき、というのはどういう考えから来るものなんだろうか。


本音は隠しておける方が政治家としては有能であり、正直者は無能だから辞めた方がいいってことだろうとは思うのだが、そうすると、そういう意味で有能な政治家は、有権者の耳に心地いいことばかりを発言しつつ裏では全く逆のとんでもない政策を実行しようとする政治家と、少なくともその発言を聞いている限りでは区別不可能である。


ということは、結局発言ではなく実行しようとしている政策で区別すべき、ということになって、失言しても辞める必要が無くなってしまうのだが、これはこれでどこか矛盾している気がするという話。